O脚は普段の日常生活で直せるものもあります。ひどいものは治療で治さなければならないこともあります。まずは、O脚の正しい知識をもつことが大切です。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AF147_L.jpgO脚には、さまざまな弊害があります。
でなければ、そもそもO脚などという呼ばれ方もしなかったかもしれません。
ただの体型のひとつとして、使われることなく廃れて行く言葉だったでしょう。

しかし、今ではO脚=ダメなもの、ダメな状態というのが一般的な認識ですよね。
治し方を聞きに病院に行ったり、治し方を調べようと躍起になっている人が数多くいます。
O脚ではない人にとっては、何でそんなにムキになって……と思っている人がいるかもしれません。
が、当然それには理由があります。

O脚の一番の弊害は、見た目ではありません。
もちろん見た目的にも多少は弊害となるケースもあるでしょう。
しかし、よほどひどくない限りは、見た目にそれほど問題はないでしょう。
女性の場合はスカートを履く人も多いので、脚は隠れてしまいますから。
O脚を隠すためにスカートを履いている人も多いようです)
それ以上の弊害は、ズバリ「痛み」です。

O脚は、ひどい状態になると痛みを伴います。
というのも、普通に立っているだけで、足の一部に不自然な体重のかかり方をするからです。
基本的には膝の内側にかかる負荷が相当なものになります。
こうなると、当然健常とはいえない状態になるでしょう。
こういった痛みから開放されたいという理由で治し方を求める人が一番多いようです。

また、O脚は何も外見や足の痛みだけが弊害ではありません。
体全体に大きな悪影響を及ぼします。
たとえば、足のバランスが悪いと、腰が悪くなります。
体重のかかり方がアンバランスだと、その全体を支える腰にダメージが来るのは当然です。
腰が悪くなると、体調は悪化しますよね。
よって、体全体に悪影響が出てしまうのです。
AF148_L.jpgO脚そのものは、実は病気や不自然な状態というわけではなかったりします。
なぜなら、人間は生まれた時はO脚だからです。
胎内で脚の外側が先に発達していく理由があるのか、胎内の形状に沿った成長をしているのかはわかりませんが、みんな最初はO脚なのです。
それが一度、2歳の頃に変化します。
あまりにも早く歩かせようとしすぎて、外側ばかりを鍛えているという状況でなければ、基本的にはX脚になるようですね。
つまりは内股です。
保育園・幼稚園児の頃は、内股の子供が数多くいますが、それは自然なことなのです。
そして、小学生に上がる頃には、徐々に正常な形になっていきます。
ただ、この幼少期の躾や過ごし方によっては、そのままO型という子供もいます。
骨の柔らかい幼少期こそが、O脚の原因だからです。
特に座り方はとても重要で、横座り、ぺちゃんこ座りといった座り方はO脚の大きな要因となります。
つまり、治し方としては、幼少期の親の躾こそが最も効果的な治し方といえるのかもしれません。
それが実行できるならば、それに勝る治し方はないでしょう。
O脚の主な原因をまとめると、「内股歩き」「横座り」「ぺちゃんこ座り」「片足立ち」「猫背」あたりです。
バランスの悪い体重のかけ方が一番危険です。
よって、ハイヒールのような明らかに正常ではない体重のかかり方をする履物や過度な運動はご法度です。
こういった事を子供に押し付けないよう、親は細心の注意と心構えをもって子供と接するようにしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。