O脚は普段の日常生活で直せるものもあります。ひどいものは治療で治さなければならないこともあります。まずは、O脚の正しい知識をもつことが大切です。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
O脚になってしまった方の多くは、専門家を頼る以外の治し方を選択するかと思います。
クリニックや治療院に通うのは、時間的にも金銭的にも結構掛かってしまいますので、まずは家で治すというのが自然な治し方かもしれません。
ただ、素人の治療は危険で、「家でO脚を治す方法」などのインターネットや本を見てから行なうにしても、細心の注意を払う必要があります。
O脚の矯正というのは、簡単なものではありません。
間違った矯正をしてしまうと、取り返しのつかない事になってしまいかねないのです。
その点を留意した上で、O脚治療の際の注意すべき項目をいくつか挙げていきます。
まず、前提として、O脚の定義を間違えない事です。
O脚というと、恐らくほとんどの方、膝が大きく開いていて「O」型に変形した両足を想像するでしょう。
もちろん、これもO脚です。
も、というところに注目してください。
つまり、これだけがO脚という訳ではないのです。
自分はX型になっているからO脚治療はしなくていいのだ、などとは決して思わないようにしなくてはなりません。
O脚は、広義で「脚が歪な形に変形している状態」を指します。
では、脚の形がまっすぐでない場合、その全てがO脚なのかというと、そうでもありません。
人間、自然な姿が必ずしも完璧とは限りません。
両膝がしっかり付いて、スキマがなくなった状態が、必ずしもその人の自然な状態である訳ではないのです。
O脚の治し方は、あくまでも変形した部分、変形そのものを矯正するのであって、脚を真っ直ぐ整える事ではないのです。
スポンサーサイト
O脚治療において、最もやってはいけないミスというのは、間違った治し方を気づかずにずっとやり続けてしまう事です。
これは非常に危ない事で、もしそのままやり続けていくと、O脚の悪化、別の形への変形、更なる体調不良など、かなりマイナスな方向に事が進んでしまいます。
O脚治療を行なっている意味が全くありません。
正しい治療法をしっかり学んでいない状態で、なんとなく、あるいは見よう見まねで行なうのは、絶対に控えましょう。
O脚の誤った治し方を最も行なってしまいがちなのは、誤ったグッズ、誤った宣伝文句、誤った内容の番組や雑誌に載せられてしまうというケースです。
本屋テレビなどのメディアを通している情報が間違っているはずない、という思い込みから、無条件で信じてしまい、供せ方法に疑問を持つ事無く雑誌で見たとおりに治療した結果、O脚が悪化してしまった……という例は結構あります。
もちろん、間違っているものばかりではありません。
そういったものはごく一部です。
とはいえ、その一部が目に触れてしまう可能性は決して低くはありません。
O脚の治し方として不適切なグッズなども、上手い宣伝文句などに乗せられて購入してしまう人はかなりいるでしょう。
O脚は大きな悩みの種なので、それを解決してくれる夢のような道具があれば、飛びつくのは仕方ないですから。
O脚の治し方の前提として、まず関節や脚のねじれ、歪みを治すということがあります。
スキマを矯正したり、形状を整えるのはそれからです。
歪みなどを治すより、そちらを先に優先しているグッズや体操などには手を出さないようにしてください。
O脚の程度にもよりますが、自宅での治し方ではどうしても上手く行かない、という人は、必然的に治療院、クリニックといった場所に通うという治し方を選択する事になります。
しかし、こういったクリニックというのは、中々評判を掴み辛いのが現状です。
O脚の人間は星の数ほどいます。
予備軍を入れると、相当な数になる事は想像に難くないでしょう。
しかし、クリニックに通うほどのO脚となると、さすがにそれほどの数には上りません。
よって、近所のクリニックはどうだった、という声を聞ける頻度は決して多くはないのが現状です。
では、O脚矯正のクリニックや治療院は、どういう基準で選べばいいのでしょう。
まず、大事なのは、そのクリニックが誠実であるかどうかです。
そのためには、広告写真を眺めてみましょう。
O脚の状態、治療後の状態を比較した写真を、クリニックなどは良く提示、掲載しています。
インターネットのホームページ上や雑誌、パンフレット、院の前の掲示板などに張られている事が多いですね。
その際、治療後の写真に注目してください。
明らかに力を入れて無理やり膝をくっつけていたり、足先を開いていたりしている写真であった場合は、絶対にそのクリニックには通わないようにすべきです。
そのような詐欺まがいの広告を打っているクリニックは、実際にあります。
また、カウンセリングをいい加減にしているクリニックも同様です。
通い始めの段階で、カウンセリングをおざなりにしていると感じたら、止める勇気も必要です。
治し方のいい加減なクリニックであれば、お金と時間を棄てるだけです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。