O脚は普段の日常生活で直せるものもあります。ひどいものは治療で治さなければならないこともあります。まずは、O脚の正しい知識をもつことが大切です。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
O脚で悩んだ事のない人は、O脚の治し方について、全くわからないというのが一般的なのではないでしょうか。
というのも、O脚の治し方を教わるようなこともないですし、自覚しない事には目に触れる機会もないからです。
よって、O脚をはっきり外見で判断できるような状態、そしてO脚による弊害や悪影響が身体に起こっている事を自覚するようなところまで悪化している状態でない限り、中々O脚の治し方を知る機会がない、というのが現状です。
しかし、O脚は日常生活の中でこそ、それを治す、あるいは予防する方法が潜んでいます。
元々、O脚は日常生活の過ごし方によって起こってしまう症状ですから、日常生活で矯正するのが最も自然なのです。
例えば、立つ、座るといった、毎日の生活の中で幾度となく起こすアクションの中にも、O脚を防ぐ、治療するような立ち方、座り方があります。
身体を起こし、立つ際に、普段はどうやって立ちますでしょうか? それによって、O脚の原因にもなれば、矯正にもなります。
真っ直ぐ立つ際、足先を揃えて立つ。
これだけで、矯正・予防になります。
もしそれが困難なら、足先をほんの少し広げて立つようにしてみましょう。
これを習慣づけるだけで、大分変わってきます。
逆に、足先を広げすぎると、O脚の要因となってしまいますので、注意しましょう。
たかが立つ、という動作ではありますが、この中にこそO脚からの脱出の鍵があるということをしっかり自覚して日々を過ごす事をお勧めします。
スポンサーサイト
日常生活におけるO脚の治し方で、特に重要なのが、座るという動作です。
何故なら、O脚の原因の多くが、この座るという動作、姿勢にあるからです。
座り方というのは、子供の頃に身につけたものがそのまま老後まで習慣として残ります。
よって、もし子供の頃にまずい姿勢の座り方を覚えてしまったら、ずっと身体に悪い座り方を続けてしまうのです。
O脚に悩む人のほとんどは、これが最大の原因です。
ではどのような座り方がO脚の要因となってしまうのでしょうか? まず、床に座る場合ですが、原則的に長時間座る事はあまり好ましくありません。
座るという動作自体に、O脚の要因が潜んでいるからです。
座る場合、どうしても人間はリラックス状態を求めます。
きっちりした姿勢で座る人は少ないでしょう。
よって、崩した状態での長座に身をゆだねる人が多くなるのは無理もないのですが、それはO脚の要因となってしまいます。
また、最もO脚の原因となる座り方は、女性の方がよくやる、左右どちらかに脚を曲げて座る横座りと、両足の間にお尻をおいて座るペチャンコ座りです。
これらは非常に姿勢を悪くし、骨盤のバランスを悪化させる座り方です。
逆に、O脚の治し方として成立するような座り方はどういった座り方なのでしょう。
良い座り方とは、一箇所に体重がかからず、負荷が分散する座り方です。
例えば、両脚を真っ直ぐ前に出し、お尻の後ろに手をつく座り方などは、非常に重心のバランスがいい座り方です。
よくヨガなどにも用いられていますね。
基本的には、でん部を真中におく事を意識したす割り方が好ましいです。
ただ、リラックスはしにくいので、難しいところですね。
O脚の治し方と割り切って座るのが好ましいかもしれません。
同じ座るという動作でも、床に座る場合と椅子に座る場合では姿勢は全く異なりますよね。
ただ、重要視する点は同じです。
いかに重心を整え、バランスのいい座り方をするか。
いかに一箇所へ集中するような負荷をなくし、分散させるか。
これを意識する事で、O脚の治し方となるような座り方が浮かぶでしょう。
まず、決してしてはいけない椅子への座り方をご紹介します。
脚を開き、足首を交差させる、膝をくっつけて足先を開いたり椅子に絡ませたりする座り方です。
これらは見事なまでにO脚を造る原因となります。
特に、脚を組んで椅子に座ると、骨盤のゆがみを呼び込み、O脚の要因、そして悪化に繋がります。
一方、O脚の治し方となるような座り方は、まず椅子の選び方から始まります。
ベストな椅子は、足首の角度が90度を保つ事のできる高さの椅子です。
その椅子に両足、そして両膝をそろえて座るというのが一番ですね。
もしその体制で疲れてしまったら、足、膝を等間隔で少し開くのが好ましいでしょう。
もちろん、背筋もしっかり伸ばしましょう。
O脚の治し方としては、こういった座り方を習慣づけるのが最も有効かもしれません。
難しいかとは思いますが、O脚の矯正に特効薬はありません。
日常生活の中でしっかり矯正していくには、多少きつくとも、正しい姿勢を保つ事が一番なのです。
慣れてしまえば、それほど苦にもならないので、まずは慣れるところから始めましょう。
もっとも、慣れるのが一番難しいのですが……
誰もが日常生活の中で毎日行なう「歩く」という動作も、O脚の原因となり、同時に治し方ともなります。
歩くという動作は、通常意識する事はないですが、脚への衝撃がかなり大きく発生する動作です。
よって、歩く姿勢、歩き方によって、脚には大きな影響が出てきます。
まず、O脚の治し方ともいえる、正しい歩き方についてご説明します。
正しい歩き方とは、つま先を正面に向け、足はかかとから下ろします。
足を持ち上げる際には親指に少し力を込め、地面を蹴ります。
脚を上げる場合も、真っ直ぐ、正面へ向けて上げます。
歩幅はあまり開けず、下ろす足は常に直線上になるようにします。
と、これが正しい姿勢での歩き方ではありますが、まるで軍隊の訓練のような印象ですよね。
実際、普段からこういうことを意識して歩く人はあまりいないかもしれません。
ただ、O脚の治し方の一環として、リハビリ感覚で歩行する場合は、こういった事を意識しながら日常の歩行を行なう必要があるでしょう。
では逆に、良くない歩き方はどういった歩き方でしょう。
まずやってはいけない事として、つま先を外側に向けて歩くという事です。
これをやってしまうと、足首がねじれ、股関節、膝関節の歪みに栄養を及ぼします。
また、モデルのような歩き方も厳禁です。
モデルというと、体形を誰より気にする職業なので、あの歩き方が一番良いと考える人もいるようですが、アレはあくまでも商品である身につけている物を魅せるための歩き方です。
実際に行なうと、太もも同士が擦れ、ももが内側に向いてしまい、膝も内側を向いてしまいます。
人間は一日の内、大体1/3~1/4の間は眠っています。
よって、寝る体制というのも、体形の維持、変化に大きな影響を及ぼす事は、なんとなく理解できますよね。
ですが、寝相をコントロールする事は不可能です。
自分の意識の元にない状態で自制することはできませんし、なにより寝ている間にまでそんな事を意識していては、まともに身体を休める事ができません。
では、寝る前はどうでしょう。
眠りにつく前の体制に関しては、仰向けが一般的ですよね。
基本的には、これで何の問題もありません。
全身をリラックスさせて、少し手足を開く感じで、大の字になって寝る事で、少なくとも眠りに付くまでの間はしっかりした体制がキープされます。
また、腰痛などの事情でそういった体制が取れない人でも、膝を合わせて横になって寝れば、特に問題はありません。
問題なのは、お尻を突き出したり、膝を重ねず横寝したり、うつ伏せで寝るという行為です。
あまりうつ伏せで寝る人はいないかもしれませんが、これは膝に大きな負担をかけてしまうので、決して行なってはいけません。
O脚の治し方というのは、寝ている間まで気にしなくてはいけないのかというと、そうではありません。
ただ、O脚を悪化させるような寝方は控えた方がいいでしょう。
O脚の治し方には、正しい治し方もあれば、間違った治し方もあります。
寝ている間にまで色々強要するような治し方は、O脚の矯正、治癒としては正しいとはいえません。
寝るという動作は、あくまでリラックスし、体を休めるのが第一です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。